バーコードをスキャンするだけで、瞬時に多言語で商品情報が表示「Payke(ペイク)」

Paykeがバーコードを使う最大の理由は、その普及度と知度です。100か国以上で採用されている国際規格なので、世界中の誰もが、 「バーコードは読み込みをするためのもの」という認識を持っています 。Paykeは、既存のパッケージに印刷されているバーコードを「そのまま」活用することで、商品の多言語化を可能にします。