定額型パブリッククラウド「cloudgarage(クラウドガレージ)」開発者向けのIaaS型パブリッククラウドサービス

今話題のNHNテコラスさんのVPSです。

何が話題って?

開発者向けインスタンス無償提供制度(Dev Assist Program)があるんです。

審査に通れば一年間無料で1Core/ 1GB/ 50GB × 3 が使えます。

そして、審査に受かりました!ヾ(⌒▽⌒)ゞ


webの開発などでサーバリソースが無い方は申し込んでみては?

14日間無料なのでとりあえず使い心地を確かめる価値はあります。

参考:

CloudGarage 早速いじってみた - Part.05 開発者向けインスタンス無償提供制度

では、さっそく詳細を

ログインするとこんな感じです。

シンプルで、綺麗で分かりやすい画面です。

開発に直接関係のないメニューは右上のプルダウンで表示されます。


インスタンスの追加といきたいところですが、まずはSSHキーの登録を

新規生成またはインポートを選びます。

新規生成の場合

名前をつけて作成でkey名.pemがダウンロードされます。

秘密keyですね。chmod 600を忘れずに!


インポートの場合

key名を入れて

公開キーをペーストして登録です。


では、アクセスできる環境になったのでインスタンスを作成しましょう。

すごく分かりやすいですね。

Topページの「インスタンスはわずか25秒で起動します。」はウソじゃないです。

本当に速い。

※キャプチャー撮った時は通常の無料プランだったんですが、Dev Assist Programに移行するのに

ちょっとトラブルが有りました。サポートの方が迅速で、すぐにDev Assist Programに切り替わりました。

ありがとうございました。


OSイメージの他に用意されてるアプリはこちら

高速wordpressのKUSANAGIはメモリ4G以上なので上のプランを選ばないと選択できません。

現在のwebでは必須のものが用意されてます。


僕の場合LAMPとwordpressかな?


実際にインスタンスを2つ稼働させてますが、感想は

使いやすい!

ローカルでVagrant起動させるより速く環境が整えられるので開発者向けのIaaS型と謳っているのが理解できます。


Qiitaでも盛り上がっています。

cloudgarageに関する情報が集まっています。現在16件の投稿があります

気になるお値段

あの、高速wordpressを謳っているレンサバ屋さんより安い価格

しかもVPS3つで!フリーランスの方にはいいんじゃないでしょうか?


ざっと紹介しただけですが、一年年間無償なので、随時情報発信します。