一撃でメールサーバを構築する「vestacp」

https://vestacp.com


vestacpはFIREWALL DNS WEB MAIL DATABASE FTP ユーザー管理

などをGUIから操作できるコントロールパネルです。

メールサーバを構築する専用のものではありません。


しかし、vestacpをインストールすることによりインストール、設定が複雑なメールサーバが簡単に構築できます。

※MTAがpostfixではなく、Eximです。

公式ページにて何をインストールするか選べます。


# インストールスクリプトをダウンロード

curl -O http://vestacp.com/pub/vst-install.sh

インストールスクリプトを新規VPSにて実行

bash vst-install.sh --nginx yes --phpfpm yes --apache no --named yes --remi yes --vsftpd no --proftpd no --iptables yes --fail2ban yes --quota no --exim yes --dovecot yes --spamassassin yes --clamav yes --mysql yes --postgresql no

簡単にインストールされました。

コントロールパネルへアクセスしましょう。

https://ipアドレス:8083

ユーザーとパスワードはターミナルに表示されているものです。

日本語化されているので言語を日本語に選択しましょう。

DNSの設定をすればwebやmailが独自ドメインで使用できます。


中規模組織では独自ドメインのメールアドレス発行やユーザー管理もできるので

便利だと思います。

小規模な組織(企業など)は前回紹介した独自ドメインで使えるWebMail「SkyDesk Mail」(無料プランあり)を使ったほうがリスクなく便利です。

あるいはSendgridへリレーさせるパターンもありです。


関連記事:

コマンド一発でメールサーバを構築



検証VPS

CooHa

VPSメモリ512MB

CPU1Core

SSD20GB

を使っています。630円/月( 1 円/ 時間 )です。