FFMPEG全部入り一撃インストールスクリプト

FFmpeg Auto-Installer


このBlogの一撃インストールシリーズ、まだまだ続きます。

インストールで手こずるNo.1オープンソース、FFMPEGのコーデックなど全部入り

自動インストールスクリプトです。

動画変換などの定番ですね。

上記サイトにあるようにコマンドをコピペで叩きます。


# mkdir /usr/local/24×7/ && cd /usr/local/24×7/

# wget http://afdownload.24x7servermanagement.com:8080/af-v1.1/autoffmpeg.v1.1.tar.gz

# tar -zxvf autoffmpeg.v1.1.tar.gz

# cd autoffmpeg.v1.1

# ./install.sh


※注意1

# ./install.shの前に

yum install bzip2

Ubuntuは

apt-get install -y bzip2をインストールしてください。


※注意2

ffmpeg.shを開いて36行目の

# git clone git://source.ffmpeg.org/ffmpeg.git ffmpeg

のコメント#を外して公式からダウンロード、インストールする様にしてください。


これで

# ./install.shで

ENTERでインストールスタートです!

以前紹介した

あのFFMPEGを一発でインストールできる!

のサイトで配布されてるスクリプトはインストールできなくなっていてがっかりました。

OSSのアップデートやサイトの閉鎖やDLできないなどの不具合はかならずあり得ることなのでしかたないですね。


今回のスクリプトは一発インストールできましたが、またいつインストールできなくなるか

分からないので、OSS関連をDLしてAWSのS3からいつでもDLインストールできるようにしておきました。


VPSの環境にもよりますが、小一時間ほどコンパイル、インストールに時間がかかりました。

検証サーバ

digitalocean.com

512MB/1CPU

20G SSD

CentOS 7


ConoHa

512MB/1Core

20G SSD

CentOS 7.3